交通事故の被害に遭ってしまったら、弁護士にも相談しよう

交通事故の被害に遭ってしまったら、人命救助の次におこなっておくべきことがあります。
それは、弁護士に相談をすることです。
なぜこのような手段を取るべきなのかを紹介します。


交通事故が起こったら忘れずに弁護士にも相談

事故の処理が始まると、損害賠償や治療費の請求額が計算も始まります。
治療が始まったタイミングで弁護士に相談しておくと、後の示談で納得の行く金額を請求できるようになります。
正しい治療がなされているかや、損害の調査が適切に行われているかを判断してもらえるようになるからです。
逆にここで話し合っておかないと、請求といったときに損をしてしまう可能性があるので注意です。
満足のいく額を払ってもらうためにも、先に法のプロにきちんと声をかけておきましょう。


後遺症などの大きな怪我につながってしまったときは要注意

特に後々残るような傷や怪我をおってしまったときには絶対話をしておいた方がいいです。
この場合治療が終わった後に示談というものを行うのですが、ここで被害者側に支払われる額が決められます。
早めに弁護士に話を持ちかけていれば加害者側の保険会社から多額の賠償金が支払われますが、話し合えていないと相手にとって都合のいい金額しか支払われないということになってしまう可能性があります。
そんなことにならないように、交通事故が起こってしまったときは、警察、救急車、弁護士の三者を呼ぶことを心がけましょう。