弁護士に交通事故のことを相談するといくらかかる?

納得のいく損害賠償金や治療費を払ってもらうためにも、交通事故のことは弁護士に相談した方がいいです。
しかしここで気になってくるのは、事故の対応をやってもらうのに果たしていくらかかるのか? ということです。
大事なお金のことですので、事前にきちんと知っておきましょう。


交通事故のことを弁護士に相談すると数十万円かかる

弁護士費用としてかかるのは、着手金と報酬金の2つです。
着手金は契約をした際に支払うもので、だいたい20万円程度です。
報酬金は問題が解決した際に払うもので、賠償金や慰謝料の10%程度だと言われています。
被害額にもよりますが、少なくとも数十万円はかかると思っておきましょう。


弁護士に相談するメリットは大きい

しかし、交通事故のことを弁護士に相談するメリットはとても大きいです。
治療が始まったときから味方につけておくと、適切な治療を受けさせてもらえるようになったり、後遺症が残った際に保険会社が示した額の何倍もの慰謝料をもらうことができます。
もし交通事故に遭ってしまったら、損をしたくないですし、きっちりと納得のいく額を支払ってもらいたいですよね?
そう思うならば、怪我の治療が始まった早い段階で弁護士にお話しておくといいですよ。